結婚式ファッションで女性が困ることのひとつといえば、前と同じ服を着ることができないということです。

結婚式ファッションでの困りもの

結婚式ファッションで女性が困ることのひとつといえば、前と同じ服を着ることができないということです。

 

正確に言うと、同じグループや所属する団体内の新郎や新婦が出現し、結婚式がたてつづけにあった場合、前回と同じドレスを着て出席することはできないということです。

 

まあ、高校の友達の結婚式で着たドレスを、メンバーがかぶっていない大学の友達の結婚式で着たりするのは別に問題ないんですけどね。

 

つまりは、同性のメンバーから、「あっこの娘、前と同じドレス着ている」と思われてはならないということです。

 

そのへん男性はいいですよね。同じスーツを着て、同じグループ内から出てきた新郎や新婦の結婚式に出席したって、「あっコイツ、前の結婚式と同じスーツ着ている」などと思われたりしませんから。思われたところで、だから何ってなもんですよね。

 

なので、女性が結婚式に出席するのは、お祝いを包む以外にも散財していたりするものなのです。

 

いかにも結婚式やパーティー用のドレスは、よっぽどパーティーばっか出席しているセレブでもない限り、着る機会ありませんから。

 

なので、庶民が考える防衛策とえいば、いかに結婚式ファッションとしてのドレスやワンピースにかかる費用を少なくできるかということなんですよね。
かといって、ケチってダサいと思われてもならないわけで。

 

結婚式ファッションとして繰り広げられる微妙な女性同士のおしゃれバトル…。楽しいと言えば楽しいし、疲れると言えば疲れる。

 

ああ、女性は大変かも。

 

それに、結婚式ってタイミングが重なりませんか。

 

まあ、友達はもちろん自分と同世代で同じようなライフスタイルをしているので、結婚する時期がかぶるのは当然のことなのかもしれませんが。

結婚式ファッションで女性が困ることのひとつといえば、前と同じ服を着ることができないということです。関連ページ

ゲストの女性たち、電車内では気をつけて
結婚式ファッション
私の結婚式パーティースタイル
結婚式ファッション
多様化する婚礼のスタイル
結婚式ファッション
男性は脚長で体がスリムなことが、格好良い感覚で!タキシードも派手で良い。
結婚式ファッション