ゲストの女性たち、電車内では気をつけて

ゲストの女性たち、電車内では気をつけて

結婚式や披露宴への出席で、電車を利用する場合のことです。

 

帰りは大きな引き出物の袋を持っていますし、一人でということはなく、何人か連れ立っていることも多いので、かなり目立ちます。
初夏等には肌丸出しのパーティドレスで、高くて細いヒールのパーティサンダル、ぴかぴかのパーティバック゛、と言う姿では電車にはおかしいでしょ。

 

少し考えたらいかがですか?

 

大体、自家用車やハイヤーで行くのならともかく、叶姉妹やデビ夫人が、あのファッションで電車には乗りませんよ。

 

最も普段だって電車利用はしないでしょうが、私の言いたいのは、「電車に乗るときはマナーしとしてパーティ着ではおかしい」と言うことです。

 

何かコートなど羽織るとか、靴とバッグは別に持参するとか、なんなら全てを会場の控え室や化粧室で整えるとか、考えてみてください。

 

電車内がパーティ会場になったような雰囲気になるのは、どうなのでしょうか。

 

最近はネット通販等で、かなり派手なパーティ着が売られています。

 

安価ですしバッグや靴・アクセサリーまで揃いますから、若い女性たちには人気のようですが、私達老人から見たら「安クラブ」の女の子みたいなファッションも多いようです。

 

いつも同じファッションでのゲスト出席がイヤなら、多くの主婦がやっているように「貸衣装」という手もあります。

 

わが親族の女性は殆どが、毎回結婚式出席に違う留袖姿です。

 

会場でレンタルすればヘアメイク・着付けまで済ませられて、「楽しいし便利」だと言っています。

 

金銭的には問題がありますが、手ぶらでいつもの服装で行って、変身する楽しみもありますから、一つの手ではあります。

 

両親と一緒の出席の場合は、「おねだり」ということも可能ですよね。